• instagram
  • twitter
  • facebook
 

NEWS

2021/07/21オーナーが選んだ特別な3つの素材って何?

snap★snap★snap®︎の
オーナーが選んだ特別な3つの素材


 

どこにでもある素材で作られた
どこにでもある商品ではなく
こだわりの素材で作られた
唯一無二の商品でありたい!


こんな商品だから所有する喜び(ワクワク)が湧いてくるというもの。

僕自身が所有(ワクワク)したいと思えるカメラバッグを作る為に、
素材選びにも真剣に取り組みました。

 

.凜ンテージの復刻生地


まずはメインの素材選び。
一般的によく使われるのは8号帆布ですが、
これだと一般的過ぎて”特別なワクワク感”が湧いてきません...

そこで今回選んだ素材はアーミーダックというコットン生地。
肉厚で硬くギュッと凝縮されたハリのある生地です。

僕はこの生地に一目惚れしました!

触れれば必ず良さが伝わると思います。


アーミーダックとは、
1870年当時の織規格を再現するため、当時と同じ織り機を使い当時の資料に基づいて生産されたヴィンテージの復刻生地です。(生産してるのは日本の生地ブランド アルバートン)
こんなストーリーを持った生地ブランドはなかなかないと思います。
アメカジ好きな僕はこのストーリーだけでワクワクできます!


もちろんカメラバッグにも適した素材で、一番の特徴は、

・厚くて丈夫だという事です!(軍用資材などにも使われるほど)

そして、

・細い糸を高密度に織っている為、水を通しにくいという特徴があります。

さらに、

・パラフィン加工(撥水加工)を施してる為、撥水性がとても高いです。

試しに水をかけてみると…ご覧の通り



 

防水カバンではありませんが、この撥水効果は頼りになりますね!

 


∪ジ容皀譽供次淵札肇Ε船譽供次


 
レザーは全て本革を使用!
オイルをたっぷりと含んだ国産の瀬戸内レザー(牛革)を惜しげなく贅沢に使いました!


 
セトウチレザーは、
言葉の通り瀬戸内生まれのレザーブランドです。

革本来の良さを伝えるために、真剣に革と向き合ってるブランドで、
こだわりが強く日本で生まれ育った牛から作っているので、
正真正銘の日本製のレザーと言えます!


僕はこんなこだわりを持ったブランドが大好きです!
こだわりを持ってもの作りを行っている日本の企業は応援したくなります。

snapsnapsnap®︎ のオーナーのこだわりにドンピシャはまりました!

経年変化が楽しみでワクワクします!

 

制菌・抗菌・防臭・消臭

 
カメラバッグにも抗菌の時代がやってくる!
これからの時代『抗菌』というワードがもの選びの基準の一つになってくるのは間違いないでしょう。
snapsnapsnap® は今の時代にあった素材を積極的に取り入れています。

内装のオレンジ部分には、『バイオライナー®』という抗菌・防臭効果のあるナイロン素材を使用しています。
この素材、控えめに言ってスゴイです!
  
バイオライナーは、糸の段階で抗菌剤を練り込んでいる為、抗菌剤がはがれる心配がなく半永久的に効果が持続します。
又、デオドラント効果をほどこしており、アンモニア臭は約2時間、イオウは約1日でほとんど消臭してくれます。
バイオライナー(制菌・抗菌防臭)とデオドラント(消臭)をかねそなえた画期的な制菌・抗菌・防臭・消臭素材です。

この素材を見つけた時、迷うことなく即採用しました。
だって僕だったらこんな素材が使われてたら、満足感が一気に増しますもん!

以上、
snapsnapsnap®︎ のオーナーが選んだ特別な3つの素材でした。

 

そもそもオーナーってどんな人?
『カメラとお花に魅せられた男』の話は

こちら↓↓↓↓